成果の上がる効率的な勉強法について

成果の上がる効率的な勉強法について

“勉強のできる時間は限られています。勉強だけやっていればいいという日々ばかりではありませんので、成果の上がる効率的な勉強法が必要になってきます。

まずは、勉強をする時間帯です。記憶というのは睡眠により整理され、思い出すことができるようになっていきます。そのため、睡眠が大事なのですが、睡眠前に暗記物をやっておくと覚えやすいです。逆に、朝は脳みそがフレッシュな状態なので、思考を必要とする教科、つまり、数学をやるといいです。前述したように睡眠により記憶が整理されるので、一夜漬けのような詰め込みはおすすめできません。短期間で覚えた記憶はすぐに忘れてしまうので学んだことを活用することもできなくなってしまいます。

しかし、暗記をするだけではテストの点数は上がってきません。どうするかというと実践です。本当に覚えているかを確認する必要があり、そのためには問題を解くのが効果的です。そして、間違えた問題はまだ定着不足なので、きちんと復習する必要があります。勉強をしているけど点数に結びつかない人はこの復習ができていない場合が多いです。理解→問題→復習→理解の繰り返しが大事です。問題を解くメリットは他にもあります。テストに慣れることもありますし、多くの問題を解いているとどのような問題がでやすいのが見えてきます。

しかし、一番大事なのは目標を持つことです。どこに行きたいのかはもちろんですが、どこに行き、何をしたいのかを明らかにして、それを想像しながら勉強をするとモチベーションが上がります。目標があれば、多少苦しくてもがんばれますし、妥協することも少なくなります。実際に入学したい学校に行って、見てみることが大事です。”

受験勉強の良いスケジュールの立て方とは

受験勉強の良いスケジュールの立て方とは

受験勉強をするためにスケジュールを立てることは大切です。スケジュールを立てることで、計画的に勉強を進めていくことができ、受験間近になってから、間に合わないと急に焦ってしまうというようなことがなくなります。スケジュールを立てると面倒になるからと立てていない人は多いかと思いますが、できるならあらかじめスケジュールを立てておき、なるべく計画的に進めるようにしたいものです。まずスケジュールの立て方ついてですが、何時から何時までこの範囲をやるといった細かい立て方だと、続かなくなってしまう可能性があるので、何月から何月まではこの範囲をやっておくなどといった感じで大まかに計画を立てておくようにします。たとえば今月はこの教科の苦手な範囲をすべてやるようにし、来月はこの教科の基本的なことを覚える、さらに来月は参考書の前半を覚えるようにし、次の月は参考書の後半を覚えるようにする。そのあとは応用の範囲を覚えるようにし、最終的に受験間近になったら、いままでの苦手な範囲をまとめてやるようするといった感じです。このように書くと、少し大ざっぱではないかと考える人もいるのではないでしょうか。しかし細かいスケジュールを立ててしまうと、スケジュールの通りにいかなくなってしまうと、挫折してしまう可能性が高いです。そのため大まかで構わないので、スケジュールを立てておくようにするのがベストです。余談になりますが、スケジュールを立てるというと、スケジュール帳を用意しなければいけないと考える人が多いかと思いますが、スケジュール帳を用意する必要はありません。一枚の紙に先ほど説明したような今後の大まかなスケジュールを書くだけで十分です。

受験の参考書選びに迷ったときには

受験の参考書選びに迷ったときには

受験のために参考書を選ぼうと思ったものの、売られている参考書の数が多すぎて選ぶことができないという場合の対策について説明していきます。受験用の参考書については教科ごとにみていったとしても、かなりたくさんの数があり、たいていの人はなかなか決められないと思います。参考書を選ぶときに見ておきたいポイントについてですが、本の厚さがどのくらいかということについてです。本気で受験に受かりたいと考えている人であれば、なるべく分厚いものを選ぶという人が多いのではないでしょうか。しかし分厚いものとなってしまうと、一冊を終えるまでにかなり時間がかかってしまい、なかなか進歩を感じることができないため、途中で挫折してしまうことがあります。そのため参考書を選ぶときには普通ぐらいの厚さ、もしくは薄めの参考書を選ぶようにします。次に内容のわかりやすさについてです。内容がわかりにくくては意味がなくなってしまいます。そのためしっかり目を通してみて、なるべくわかりやすいと感じるものを選択するようにします。そして難しい漢字や意味などがあまり使われていないものであれば、さらにベストだといえます。ほかにも価格についても重要です。価格も見ておき、金銭的に無理のない範囲で買うことができるかということも考慮しておくことが欠かせません。ここまでさまざまなヒントを挙げましたが、どうしても決められないというときにはベストセラーの本を選んでみるのがいいのではないでしょうか。各教科ごとにベストセラーの本が存在しており、ベストセラーの本であれば内容もわかりやすく外れを引くということも少ないため、迷ったときにはベストセラーの本を一考してみてはいかがでしょうか。

これから受験勉強を始めようと考えている人へ

これから受験勉強を始めようと考えている人へ

これから受験勉強を始めようと考えているけど、何を用意したらいいかわからないという人に向けて書いていきます。まず受験勉強に必要なアイテムについてですが、シャープペンシル、消しゴム、それに参考書となります。シャープペンシルについては使い慣れているものが書きやすいと思いますし、消しゴムについても同様です。参考書については教科書を使うのもいいですし、書店などに売られている参考書を使うのもいいのでしょう。書店などに売られている参考書ですが、非常にたくさんの種類の参考書が売られています。大学受験用の参考書を取り扱っている書店は多いと思うので、気になるという人であれば、一度目を通してみるといいでしょう。大学受験用のコーナーにいくと、科目別に分かれているところが多いと思うので、目当ての参考書を探しやすくなっています。またあらかじめ書いたい参考書が決まっているという人であれば、通販などで注文をしてみるのもいいです。ほかにもあれば便利なアイテムについてですが、赤本やふせんなどが挙げられます。志望校が決まっているという人であれば、書店などで赤本をみてみるといいでしょう。赤本というのは各大学の過去問がまとめられた本のことで、大学名によっては赤本が売られているということがあります。特に難関大学や有名校については赤本が売られていることも多いため、ぜひ確認してみることをおすすめします。次にふせんについてですが、こちらもあると活用することが多いです。受験勉強をしていると、ふと目印を付けておきたいということが増えてきます。本を折り曲げてしまうと傷になってしまいますし、その点ふせんがあると本に傷をつけずにマークすることが可能です。

受験勉強をするときの机の周りについて

受験勉強をするときの机の周りについて

受験勉強をするときに机の周りはどうしているでしょうか。普段の机の周りの環境については人それぞれです。綺麗に片付いている机もあれば、乱雑になっている机もあり、はたまた必要なもの以外は一切おかないということもあると思います。そこで今回は受験勉強をするときの机の周りについて、さまざまなことをお話ししていきたいと思います。まず机の上にはなるべく勉強に使うもの以外のものはおかないようにしておきます。当たり前のことかもしれませんが、机の上にスマートフォンや漫画などを置いている人は意外と多いです。確かにその方が休憩時間などにすぐにスマートフォンや漫画などを手に取ることができます。しかし裏を返せば休憩時間以外にも簡単に手に取ることができるということになります。勉強を始める前はサボったりしない自信があるから大丈夫という人でも、近くにスマートフォンや漫画などがあると、つい手が伸びてしまうものです。そのためこれらのものはすべてバッグの中など、すぐに取り出せない場所においておき、休憩時間以外は取り出さないようにすることが大切です。逆に机の周りにおいておいた方がいいものについてですが、ペンや参考書、時計などが挙げられます。特にペンについては芯が無くなったときのために、勉強前に芯が十分に残っているか、あまり残っていないとすれば、替え芯があるかといったことをしっかり確認することが欠かせません。そして時計についてですが、これもあると便利なアイテムです。時計はあまり使わないという人も多いかもしれませんが、時間を確認したいときに、近くに時計がないと困ってしまいます。そのため腕時計などでも構わないので用意しておくことをおすすめします。

受験勉強のときノートはどのように書くのがいいか

受験勉強のときノートはどのように書くのがいいか

受験勉強のときノートに書きながら覚えるという人がほとんどだと思います。そんなノートの書き方についてですが、本当に人それぞれです。まとめ方についても人それぞれですし、書き方も人によって違います。さらにペンの色の使い分けについても人によって違うと思います。ここでは受験勉強のとき、ノートはどのようにして書くのがいいか簡単に説明していきます。まずノートの書き方について注意しておきたいことがあります。人によっては綺麗にノートをまとめることに集中してしまい、いざノートにまとめたものの、ほとんど頭に入っていないというケースもあります。学校の授業であれば後で見直して復習をするということが多いと思うので、当然綺麗にまとめる必要がありますが、受験勉強の場合、ノートに書いた内容をあとで復習をすることが目的ではなく、あくまでノートに書きながら覚えていくことが目的になると思います。そのため綺麗にノートをまとめようとするのではなく、あくまでそのときに覚えやすいように書いていくことがコツとなります。とはいっても適当に書いてしまうと、もしあとから見直すことになったとき、何が何だかわからなくなってしまう場合があります。そのためあとから見直す可能性もあるということを意識しながら、ノートをまとめていくようにするのがベストです。次にノートを書くときに使うペンの色を限定することも大切です。ノートを書くときにカラフルにしてしまう人もいるのではないでしょうか。しかしカラフルに書こうとすると、普段に比べて時間がかかってしまいますし、あとから見直したときに見にくくなってしまう可能性があります。そのため使うペンの色はなるべく限定することがコツといえます。