受験勉強のときノートはどのように書くのがいいか

受験勉強のときノートはどのように書くのがいいか

受験勉強のときノートに書きながら覚えるという人がほとんどだと思います。そんなノートの書き方についてですが、本当に人それぞれです。まとめ方についても人それぞれですし、書き方も人によって違います。さらにペンの色の使い分けについても人によって違うと思います。ここでは受験勉強のとき、ノートはどのようにして書くのがいいか簡単に説明していきます。まずノートの書き方について注意しておきたいことがあります。人によっては綺麗にノートをまとめることに集中してしまい、いざノートにまとめたものの、ほとんど頭に入っていないというケースもあります。学校の授業であれば後で見直して復習をするということが多いと思うので、当然綺麗にまとめる必要がありますが、受験勉強の場合、ノートに書いた内容をあとで復習をすることが目的ではなく、あくまでノートに書きながら覚えていくことが目的になると思います。そのため綺麗にノートをまとめようとするのではなく、あくまでそのときに覚えやすいように書いていくことがコツとなります。とはいっても適当に書いてしまうと、もしあとから見直すことになったとき、何が何だかわからなくなってしまう場合があります。そのためあとから見直す可能性もあるということを意識しながら、ノートをまとめていくようにするのがベストです。次にノートを書くときに使うペンの色を限定することも大切です。ノートを書くときにカラフルにしてしまう人もいるのではないでしょうか。しかしカラフルに書こうとすると、普段に比べて時間がかかってしまいますし、あとから見直したときに見にくくなってしまう可能性があります。そのため使うペンの色はなるべく限定することがコツといえます。